白の下着を身に着けた女性のお尻

自由にシフトを組んで自分の都合で働く

通常、コンビニなどでアルバイトをするときはすべてお店の都合で働かなくてはいけません。すべて、とまでは言わなくても、一部を除くほとんどはお店の都合ですよね。

お休みを入れていたのに急に交代を頼まれることだってあるわけですし、せっかくの休みだから家でゴロゴロとしていたら急にお店から電話がかかってきて今からちょっとヘルプに来てなんて頼まれることだってあるわけです。

そしてそういうのは断ることができません、暗黙の了解的に。だから、人のためにどこかで働くということは自分の都合を反映させにくいのが世の常なわけです。

それは、サラリーマンなどの正社員とて同じことですよね。会社の都合、お店の都合で労働者というのは動くのが普通です。しかし、風俗においては少し違います。

風俗ではシフトを自分の好きなように好きな曜日だけ好きな日数だけ入れることができます。大学生で講義があるから、夕方から夜までしか入れないしそんなに日数も入れることができないという都合があるのなら、週に一日だけでもおっけいというのがほとんどですし、時間も曜日も日数も全て自分の思うがままにシフトを組むことができます。

また、急なおやすみにも柔軟に対応してくれるので、とても働きやすいということができます。自分の都合の良いようにシフトを組んで、自分の都合の良いように稼ぐことができるのが風俗嬢というアルバイトなわけですから、他よりも優遇されているといっても良いでしょうね。