女性で陰部に痒みがあります。オリモノも白いです。何かの病気でしょうか?性器(膣)の辛いかゆみ!カンジタ症とは?

そもそもカンジタ菌は常在菌の一種です。疲労やストレスなど、体の抵抗力が低下した際に膣内で増殖します。増殖することでオリモノ異常や痒みなど不快感を引き起こします。

特に痒みは激しく、じっとしていられないくらいまで悪化することがあります。陰部周囲の皮膚は赤くただれ腫れ上がることもあります。

女性の20%は一度は経験したことがあると言われています。

性器(膣)カンジタ症の症状

  • 膣・周囲皮膚のかゆみ
  • カッテージチーズ状のオリモノ、白いカスのようなオリモノ
  • 膣・周囲のヒリヒリ感、灼熱感、違和感
  • 膣周囲の腫れ、発赤
  • 排尿痛
  • 性交痛

股間がかゆそうな女性

カンジタ症の原因

前述したとおり、疲労やストレスによる抵抗力低下が大きく影響します。また、風邪などの体調不良も同様です。更に、抗生物質を使用している場合、本来必要である菌に対抗する菌自体も退治してしまうため抵抗力は低下します。

性器(膣)カンジタ症の対処方法

抵抗力が回復すれば自然に治ることもあります。しかし、しっかり治しきらなければまた再発を繰り返しやすい病気ですので、適切な対処が必要になります

一番正しい対処法としては受診することです。陰部を診せることには抵抗があるかと思いますが、婦人科・産婦人科の医師は慣れていますので勇気を出して受診しましょう。

引用文献=ニゾラールクリーム http://www.idrugmart.asia/drug/nizoral-crm.html

そして適切な薬を処方してもらい、指示通りに使用することで早期に完治させることができます。自然経過でも回復することはありますが、時間がかかりやすい、再発しやすい傾向があります。

性器(膣)カンジタ症を防ぐためには

  • 通気性の良い下着を身に着ける
  • オリモノシート・ナプキンは小まめに取り換える
  • 体(特に腹部・腰回り)を冷やさない
  • 栄養バランスを考えた食事をとる
  • 疲労・ストレスをため込まない
  • 入浴で陰部を洗いすぎない

以上のような対策がとれます。また、もし疑わしい症状がある場合は、性交渉や家族と共通のタオルを使用することなどは避けましょう。

相手も抵抗力が低い場合、感染することがあります。日頃の生活スタイルで発症を防ぐことができる症状です。もし発症してしまった場合には、早期に適切な処置をとりましょう。

更新日:

Copyright© ストレスでも発症するカンジダ症! , 2018 All Rights Reserved.